FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロ写メ家 潮噴き

この前彼女と外でセックスした時の話し。

道路から見えるか見えないかのギリギリの木陰。夜だったから車が通るのがよく分かる。

彼女のズボンを下ろし、指で触ると既にグッショリ...

彼女は羞恥系のM子だから、人に見られるかも知れないこの状況に興奮気味。

クリを攻めた後、中に指を2本入れてかき回そうとした瞬間、

「あ、ダメ!!!」

ジュワッと早くも潮を噴きイってしまった(゚∀゚)

ズボンを濡らしちゃいけないと思い、すぐに指を抜いてズボンを脱がした。

下半身丸出しの彼女にオレは飛びつき、Fカップの胸を揉みしだき、むしゃぶり付いた。

彼女は「ハァハァ」言いながら足をガクガク震わせてる。

お互いもう我慢できないので、立ちバックで挿入!!

ヌルヌルが気持ちいい。

後ろからパンパンしてると、その音よりも大きい声で彼女は喘ぎだした。

右手でFカップ、左手でクリをイジリながら腰を振りまくってオレは口出し(´ω`)

さぁて、彼女をいじめよう(笑)

左手の指2本を挿入。彼女が一番感じる場所をグリグリすると、すぐにジュワ~ッ。

彼女は「ハァハァもういいよ、もう止めてぇ」って

まだ止めない。

グリグリグリグリ・・・ 

プシャ~ ジョォォォォ~

数分間イカせ潮を噴かせまくると、足元には水溜りができた。

オレの手もビショビショに。

なんか射精以上に気持ちのいいセックスだった。

エロ写メ オナネタ

当時のオナネタは、洗濯機の中の母の下着がもっぱらの上物で、パンティのあの部分のオリモノ、匂いを嗅いでは、、母の厭らしいオマンコを想像しながらペニスを扱き上げて果てていました。母との2人暮らしで、周りにも女っ気もなく
私の性欲の対象はもっぱら母だけでした。 高校に入ると、Hな情報も増えましたが、同年代の女性には興味がわかず
自分も自身の性癖がちょっと変だという認識が出てきましたが、どうすることも出来ません
夏場でしたら、母の胸元からはみ出たブラジャーや、そのはちきれんばかりの乳房に興奮したり、母が洗濯物を干している時のはみ出た厭らしい お腹や、腰周りを見て勃起したりと母を厭らしい目で見て犯していました。
母は近くの飲食店で働いており、酔って帰宅することもしばしばで、帰宅すると同時にベットへ倒れこみそのまま寝入ってしまうこともありました。 高校2年生の夏でしたが、何時ものように、母が酔っ払って帰宅し、その日はベットにまでたどり着かず 居間ソファーに倒れこみ 寝息を立て始めました。胸元は肌蹴て、ブラジャーからは今にもはみ出しそうな白い乳房が見えており、スカートの裾は肌蹴て捲くれ上がり、パンティが見えています。 その奥を覗き込むと小さなパンティが母の秘部に食い込み、黒い陰毛も見えていました。私は興奮を抑えきれず、母のパンティの上からですが、そっと撫でてみましたが、反応はありません、母を揺り動かしてみましたが、やはり反応はなく熟睡していました。 私は理性を抑えくれなくなり、恐る恐るですが、ゆっくりとパンティをずらしてゆき、食い込んでいたパンティを足首まで下げ、片足からパンティを抜き取りました。
片足に引っ掛かったままのパンティはピンクのパンティで小さく片足の足首で丸まっています。
捲くれあがったスカートからは、母の陰部がはっくりと見えています。黒々として陰毛の中央からは、赤黒いビラビラが見えていました。私はそっと陰部に指を押し当てて、ゆっくりとマッサージするように擦りながら、母の顔をみましたが、相変わらず寝息えおたてたままです。そして指を奥へと挿入してみると暑さのせいか湿気を帯びた秘部は以外にも指を容易に迎え入れました。1本、2本と指で掻き回しているうちに眠っている母の秘部からは、愛液らしきものが湧き上ってきてきます。
母の陰部に鼻を近づけると 汗のすいっぱい匂いと、いつもの母のパンテーの部分の匂いがしており、舌と唇で陰部を愛撫していると愛液が溢れだし、黒い陰毛の中に赤黒い陰部がぱっくりと厭らしく口を開けており、皮がむけたクリトリスが大きく勃起して眠っているのもかかわらず体だけは興奮しているのがわかります。
しかし それ以上すると目を覚ましそうで、勇気がなくそのままパンティを上げて自室に戻り自慰に耽りました。
その日のオナニーは今までにない興奮で、何回逝ってもすぐの勃起するペニスを持て余す程でした。
翌日 昼ごろ母は起きてきましたが、今までの母とは違い、気のせいか何となくセクシーで厭らし表情をしていました。
この日を境に 母が酔っ払って帰宅した際、頻繁に母へ悪戯するようになりました。
悪戯を繰り返しているうちに、何となく若返ったような感じがしました。そして一つ気がついたのは、悪戯をした翌日は明らかに何時もと違い、目元が潤み、顔は紅潮しており、態度も何となく落ち着かない様子でした。
たぶん 眠っているとはいえ、愛液が溢れるほど感じているのですから欲求がかなり溜まっている様子でした。
この欲求をどう満たしているのか、、お店のお客と???などなど想像するようになり、
携帯電話の着信を調べたり、パソコンの履歴を確認したりと何となく嫉妬にも似た感情が溢れだし
ある日 母が仕事に出掛けている時に、母の寝室を隈なく調べました。タンスの奥からは、普段は履かないような、スケスケのパンティやヒモパンを見つけ、クローゼットの奥のボックスの中で、以外な物を見つけました。

エロ写メ EX

先日報じられた、元EXILE・清木場俊介のスタッフへの酒乱暴行事件。「失明寸前で障害認定申請」「アイロンで殴打」というハードな行為を、所属事務所は「よくあるケンカ」と説明しているが、酒に酔って激昂し、スタッフを殴る清木場の裏の素顔にファンは衝撃を受けたのは言うまでもない。芸能界は暴力に寛容な側面もあり、マスコミに報じられないだけでコミュニケーションのひとつとして曖昧になってる部分もあるのだろう。

 「名刺も出さずにいきなり無礼」と髪の毛をつかんで座らせて殴り、全治1週間のケガを負わせ、書類送検された島田紳助は記憶に新しい。勝谷誠彦担当の女性マネージャーに話しかけられ、同じ事務所の社員とは知らず「無礼」だと暴行を加えた。女性はショックで退社し、島田は罰金30万円、謹慎期間10日間の処分となったが、その後も変わらず活躍している。

「涙を流して『100%僕が悪い』と反省会見を開いていましたが、昨年の東京03への恫喝騒動を考えると、『あの涙は演技だったのか?』と疑ってしまいます。大御所がそんな状態ですから、下の芸人たちが事件を起こすのも当然ですよ」(週刊誌記者)

 「飲食代が高すぎる」という口論から事件に発展したのは、メッセンジャー黒田有。貧乏ネタで全国的にブレイクしつつあった矢先、ガールズバーの店主への暴行事件で逮捕された。謹慎を経て今年の4月に復帰できたのは、関西での絶大な支持があったからこそ。

 芸人の暴力事件の中でも後世に語り継がれるのは、1986年に起きた「たけし軍団FRIDAY編集部襲撃事件」だろう。当時交際していた専門学校生への執拗な取材に腹を立てたたけしと、軍団員11人が講談社に殴り込みをかけ、全員が現行犯逮捕。たけしの冠番組は継続させたまま、芸能活動を半年間休業するという異例の事態を招いた。逮捕者の中には、東国原宮崎県知事(当時・そのまんま東)も含まれ、知事はこの事件のみならず、99年にはたけし軍団の北海ジャンジャンへの暴行容疑でも書類送検されている。

「参院選出馬で注目される三原じゅん子も、FRIDAY記者への暴行で逮捕歴があります。逮捕経験者は世の中の不条理と向き合い、政治家を志す傾向があるのかもな、なんて言われてますよ」(前同)

 名誉とイメージの回復が芸人より困難なのは俳優だ。瑛太は昨年、木村カエラとのデート中にカラオケ店店員に手を出し、警察沙汰になったと『週刊新潮』で報じられたが、速やかに示談を成立させた。記事を掲載しようとするマスコミには、所属事務所が「CMが飛んだら責任を取れ」と圧力をかけたというから商魂たくましい。イケメン俳優で知られる石垣佑磨は、歌舞伎町の居酒屋で店員を殴り、駆けつけた警官にも手を出して公務執行妨害の現行犯で逮捕されている。芸能活動自粛中に父の死を迎えたことも、本人の反省感を強めたのか、翌年の復帰の際には涙しながら決意を語っていた。また、逮捕こそされていないものの、柏原崇は04年に、路上駐車を巡って一般人と口論になり傷害事件で書類送検され、坊主頭になって謝罪会見を開いた。

「一説によると畑野ひろ子と勝手に結婚し休業させた柏原を、芸能界の黒幕が陥れたとも言われていますが、この事件をきっかけに畑野は芸能界に復帰し、柏原とすぐに離婚しています。萩原聖人もかつて暴行事件の犯人として訴えられ、結局は『よく似た男の勘違い』として棄却されていますが、活動自粛に追い込まれていました。柏原と萩原はハメられたのかもしれませんが、その後の離婚との相乗効果で、暴力男のイメージは消し去れなくなりましたね」(前同)

 暴力男といえば今話題の「オレは安全地帯」玉置浩二が石原真理(元・真理子)に暴力を振るっていたことを、石原の暴露本『ふぞろいな秘密』(双葉社)でバラされたことも忘れてはならない。暴力という犯罪行為も"血気盛んな芸能人"というフィルターにかかるとカッコよく見えがちだ。案外「あんな男にはなりたくない」という暴力抑止力を持つ芸能人は玉置なのかもしれない?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。